アフターピルについてご説明いたします。アフターピルは避妊に失敗した時に使われる緊急用ピルです。また、正しい服用方法を理解しておくことで避妊確率を上げることが可能ですので、当サイトを参考にぜひ学んでいってください。

アフターピルよる避妊と性交時のエチケットと病気

アフターピルによる緊急避妊は女性の体に負担が大きいので、セックスのエチケットを男性が守ってコンドームを装着することが重要で、正しく装着できていると70%以上の避妊率なのでアフターピルを服用する必要がなくなります。性交時のエチケットを守らないと感染症のリスクが高まるので、梅毒やクラミジアなどに感染する恐れがあります。エチケットを重視しなければならないのは男性ですが、感染症に関しては女性のほうが重症化しやすいので、パートナーに協力してもらうことが非常に大切です。甲状腺の病気はホルモンの分泌が変化するので生理の周期に影響をおよぼすので生理の間隔が長くなるなどの症状が出るので、甲状腺ホルモン剤を服用してホルモンの値を正常にする治療が行われます。甲状腺機能亢進症によって生理が変化した場合は甲状腺ホルモンを抑制することで症状を改善することができます。アフターピルの服用と甲状腺の病気はとくに関わりがないのですが、服用しなければ妊娠してしまうという状況なのである程度のリスクがあってもアフターピルを服用します。アフターピルの副作用は吐き気や頭痛、背中などの痛みが起きやすいとされていますが、24時間以内に収まるので医療機関を受診しなくても重症化するおそれはありません。アフターピルを繰り返し服用すると血栓症のリスクが高まるので、注意が必要で、女性の体を急激に妊娠している状態にするので、短時間で多くの副作用が出る場合もあります。アフターピルの服用は慎重に行われるので、同じ医療機関で何度も処方されるのは難しいので、低用量ピルなどを用いて、継続的に避妊を続けることが重要で、この場合にも血栓症のリスクはありますが、アフターピルに比べるとなりにくいとされています。