アフターピルについてご説明いたします。アフターピルは避妊に失敗した時に使われる緊急用ピルです。また、正しい服用方法を理解しておくことで避妊確率を上げることが可能ですので、当サイトを参考にぜひ学んでいってください。

アフターピルと生理周期の関係と日本家族計画協会

アフターピルは生理周期に関係なく緊急避妊のために使用する薬なのですが、日本家族計画協会では望まない妊娠や人工中絶を防ぐためには必要な薬であるとしていて、アフターピルが普及することは女性や生まれてくる子供にとっては朗報だとしています。アフターピルは女性の体を妊娠状態にするので低用量ピルのように生理周期に合わせて服用する必要がありません。また日本では2011年くらいから副作用の少ない緊急避妊薬の普及が始まったことで、女性の体の負担や副作用を減らして緊急避妊ができることを協会として認める方針を示しています。日本家族計画協会は女性の妊娠や中絶、出産などを専門としているクリニックで、アフターピルに関しても積極的に処方しています。しかしアフターピルは低用量ピルに比べるとホルモンバランスの変化が激しいので、服用直後に吐き気や頭痛などが起きやすいので、一般的には生理周期に合わせて低用量ピルを服用することが勧められています。アフターピルは自分の判断で飲んでしまうとリスクが高い薬なので、必ず医療機関で検査やカウンセリングを行ってから服用しなければなりません。血栓症のリスクが他のピルよりも高いとされているので、繰り返し飲んでいると血栓症のリスクが非常に高くなります。低用量ピルは生理の周期に合わせて服用しなければならず、飲み忘れてしまうと避妊の効果がなくなるので、時間を決めて服用するのが一般的ですが、とくに夕食などの後に飲む習慣をつけておくと忘れることがなくなります。どうしても忘れてしまう場合には偽薬を含んだタイプのピルもあるので、医師に相談をして決めることができます。個人輸入でもアフターピルなどを手に入れられますが、副作用等に対する対処ができない可能性があります。