失敗しないアフターピルの基礎知識

アフターピルについてご説明いたします。アフターピルは避妊に失敗した時に使われる緊急用ピルです。また、正しい服用方法を理解しておくことで避妊確率を上げることが可能ですので、当サイトを参考にぜひ学んでいってください。

失敗しないアフターピルの基礎知識

アフターピルの避妊効果について

妊娠を望まない時にはきちんとコンドームやピルなどを用いる事で避妊をするべきではありますが、コンドームが破けていたりするなどで、意図しない妊娠の可能性が生じるという事もあります。
そのような場合に緊急の避妊方法として役立つのがアフターピルです。
アフターピルは性行後、72時間以内に服用する事によって妊娠の可能性を大幅に下げる事が出来ます。
ただし、アフターピルを飲めば必ず避妊できるという訳では無いという事、性行後に摂取するのが早ければ早いほど避出来る可能性が高くなる事については知っておいた方が良いです。
現在のアフターピルによる避妊方法にはLNG法とヤッペ法と呼ばれる二つの方法がありますが、そのうちの主流であり避妊効果が高い方法であると言われているLNG法で成功率が95%程度であると言われています。
アフターピルを服用した事で妊娠したかどうかはすぐには分からず、その後、生理が無事に来れば避妊が成功した事が分かります。
予定生理日は多少ずれる事もありますが、一週間以上たっても生理が来ない場合は妊娠の可能性が高くなるので医師に相談した方が良いです。
なお、アフターピルはあくまでも緊急時に服用すべきであり、避妊をしたいのであれば普段は普通のピルを用いて排卵を調整するようにした方が良いです。
また、アフターピルを服用する際の副作用について心配する人もいますが、一時的に吐き気を催す事があるものの長期的に服用するものでは無いのですぐに収まる場合が多いです。
その他に避妊する事で性病の感染を防ぐ事が出来ると勘違いする人もいますが、避妊薬にはそのような効果は無いので不特定多数の人との性交渉をするのは避けておくべきです。